桜と菜の花。

この辺で菜の花畑と桜が一緒にあるところがないかなぁ~
と探していたところ・・・

ありました!

那岐山のふもとにある「奈義町現代美術館」周辺です。
ここって前にも来たことあるのに全く気づきませんでした。

どうも年ごとに菜の花畑の場所が変わっているらしい・・・
そりゃ~ 分からんわ!

それにしてもキレイな景色です。
今の時期しか見れないので目に焼き付けよう!

実は最近はツーリングに行けてなかったので、暇な娘を誘って一緒に行ってきました。
岡山市からは1時間半ほどの所です。

やっぱバイクは気持ちいいですねぇ。
ビラオ君(ビラーゴ1100)最高です!

でも転ぶと危ないので、上から下まですべてプロテクターで完全装備です。
娘のぽっちゃりが、よけいにぽっちゃり(笑)

ちなみにこのポーズは何かというと・・・
「菜の花」だそうです。

はぁ~ん、そんな「菜の花」あるかっ!(笑)

向島ソロツーリング。

こんにちは。

この日は朝から天気が良かったので、尾道市にある向島までビラオくん(バイク)とツーリングに行ってきました。

私は海が好きなので、わざわざ海沿いを通って遠回り。まずは笠岡の道の駅で一休みです。

菜の花畑がキレイでした。道の駅近くの畑はまだ5分咲きくらいでしたが、少し離れた畑はほぼ満開です。

菜の花もキレイでしたが、あまりも空がキレイだったのでちょっと道路を貸し切って撮っちゃいました。

それから向島に行けるフェリー乗り場(歌-戸崎)へ向かっている途中で海がキレイだったので撮ってみました。瀬戸内海ってもう少し汚い色をしてるはずなんですが、この日は空もきれいだったので、その空が映ってキレイなのかもしれません。

それにしても、キレイじゃなぁ~。

↓宮島ではありません。

あと、ちっちゃいエンジェルロード?みたいな所があったので撮ってみました。

ここから1~2分のところにフェリー乗り場があり、このフェリーが私のイメージしていたものと違い、時刻表もなければ、チケットもありません。

あと面白かったのが、まだフェリーが停止してないのに乗り込んだりと、なんか新鮮。

ちなみに航路の距離は300mほどです。多分3分ぐらいで着いた気がします。それと気になるお値段ですが、バイク込みで270円でした。安すぎる~。

っと言ってる間に向島に入り、海沿いを走りました。

この日の朝は寒かったので、しっかり着込んできたのですが、あまりに天気が良く、暑い!暑いなぁ~!誰もいないので脱ぎ散らかしてます(笑)

海きれいじゃから泳ぎてぇ~。

気持ちを抑え、目的地へ向かう。

↓ここが今日の目的地、髙見山展望台です。

360度まではいきませんが、ほとんどの方向が見渡せる凄く気持ちいいところです。

コンビニで買った昼飯をこの景色を見ながら食べました。おいしかった。

ここは、また来たいところですね!

では。

ユーザー車検 不合格。

こんにちは。今回ビラーゴ1100が車検の時期を迎え「ユーザー車検」にチャレンジすることにしました。名前の通り自分で車検を受けに行くことですね。

とは言え、私は何も知識がないので、とりあえず行って聞いてきました。

持っていくものは、車検証、自賠責保険証書、納税証明書です。あとお金(2万ほど)ですね。それと予約が必要です↓

それから、バイク自体はできるだけ純正に戻します。私のビラオくんは、マフラーが替わっていたり、バイザーが付いているので、そのままでは車検に通らないと思いひたすら直しました。バイザーは良さそうですが、ミラーより高いものは車体寸法が変わるため不可となります。

準備は整ったのでいざ車検です。

レーンに並び順調に進んでいきますが、最後にライトの検査にて・・・

光軸が出ていないので不合格! マジかっ!

しかし、そのおじさんが教えてくれました。指をさして、「そこに見えるテスター場で直してもらわれぇ~」

すぐに行くと何も言わぬまま作業に入る。光軸を合わすと「光量が足らんからアクセル吹かして!」言われる通り吹かすと、ビラーゴ1100の場合1100~1200回転ぐらいが一番明るくなるらしい。アクセルワークで維持するのは難しいのでアイドリング自体を上げる。これでOK!らしい。

そこで代金3,300円(少し高い)を払い、もう一度レーンへ戻り。もう一度機械を使い測ってもらう。

「はい合格!」

良かった~。

ちなみに、バイクショップで車検を行うと5~6万円ですが、自分で行うと2万円以下で出来ます。私の場合は、テスター屋で光軸を合わせてもらいましたので2万2千円ほどでした。

興味のある方はチャレンジしてみては。

ビラーゴ1100マフラー替えました。

少し派手に見えるビラオくんですが、実は全てノーマルなんです。塗装は違いますが。

ですがこの度、マフラーを純正から社外に替えてみました。

替えて嬉しくなったので、ちょっとそこまでツーリングに行ってきました。

児島にある瀬戸大橋です。開通から20年以上たちますがまだまだキレイですね!

天気もよかったのでビラオくんと一緒に記念写真。

う~ん。ビラオくんかっこいい!

ちなみにビラオくんの方が、瀬戸大橋より5歳ほど先輩なんです。(笑)

それはそうと、せっかくマフラーを社外に替えたのはいいんですが、音がイマイチ?なようなそんなことないような…

ちょっと動画があるので判定をお願いします。

うんっ、そうだな…

やっぱ、純正マフラーに戻すかな(笑)

早朝ツーリング

お昼まで時間が出来たので、なちゅふぉと専属の職人、丹下氏を誘って、日の出前からツーリングに行ってきました。

今回の行き先は高梁市方面です。

朝日と雲海が目的だったので5時に起きて出発したはいいのですが、寒い!とにかく寒い!ある程度は覚悟していたが、やっぱ寒いわ~。

霧の中を走ってビショビショになりながら雲海ポイントに向かう。 着いた時には、すでに朝日は上がっていました。

ちょっと遅かったかぁ~。

今日はいつもより雲海が多く、駐車場はすでに霧の中です。すぐに山の上まで歩いて登り、後ろを振り向くとキレイな景色が広がっていました。この景色をおかずに朝食です。

あぁ~気持ちえぇ~。

うまい朝食のあとは、2人で撮影会です。実は職人の丹下氏は写真が趣味で、写真屋の私は木工が趣味なのです。何やらようわからん。

んで、さらに共通の趣味がバイクです。

そんな丹下氏が、いいカメラを使いながらも、「何かええ様に撮れん!」などとブツブツ言っていたので、私のアイフォンで撮った写真を見せると「何で、こんなんで、キレイに撮れるんな!」などど言うので「腕の違いじゃ!」と言ってやりました(笑)

ビラオくんかっこえぇ~(自己満足)

撮影も終わり、そこからの15分ほどバイクを走らせ羽山渓に向いました。

去年は豪雨の為、通行止めになっていましたが、今年は解除されており、すんなりたどり着くことができました。

ここは、異次元です。

ここでも、愛車の撮影会です。

丹下氏はこの場所が初めてだったので、自分のハーレーを必死で撮っていました。見てないけど、だぶん白黒で撮っとるな!

ではまた。

ビラーゴ1100レストア完成!

これまで夜な夜な頑張ってきたビラオくんのレストアですが、ついに完成いたしました。

いやぁ~ 長かったです。

一時は↑こんなんなってましたが、 レストアを初めてから約一ヶ月半、完成した姿がこちら↓です。

かっこいい!

やっとバイクになりました(笑)

レストアが終わるまでは、素人の私がここまでできるとは思っていませんでしたが、出来上がった姿を見て、ちょっと感激!

でぇーれぇーええがな。(岡山弁)

よくここまで出来たものだと自画自賛しています。

エンジンまわりはさすがに怖くて、バラせませんでしたが、それ以外は、ほとんどの部分をバラして磨いたり、塗装したりしています。

今度は勉強のためにエンジンやキャブレターまでバラしてみたいと思います。たぶん元には戻らず、めげるな。(笑)

ビラーゴ1100塗装中!

今回はビラオくんの塗装について紹介したいと思います。

タンクに錆や凹みがありましたので、思い切って塗り直すことにしました。しかし、私はど素人。プラモデルを塗ったことはありますが、バイクを塗装したことなどありません。

どうせ塗り直すんなら、「ちょっと変わった塗装をしてみたい。」と思い、「カスタム塗装」にチャレンジすることにしました。

この時点では、「ほんまに素人に出来るんかよ!」と思いながらも、楽しくやってみよう!

まぁ、DIYだからね。

まずはタンクの剥離を行ったあと、凹みをパテ埋めして、下地ができたら、さあ塗装にチャレンジ。

最初はタンク全体を黒に塗り、その上にシルバーをかけるのですが、その塗装方法が独特なんです。

↓これ初めて見る人が多いと思いますが、「ラップ塗装」と言うそうです。ラップやビニールをぐちゃぐちゃにして、その上にシルバーをかけ、そのラップをタンクにベタっと貼り付けるとこうなります。気持ち悪い柄。

しかし、これもまだ下地です。ここにキャンディーブルーをかけます。キャンディーブルーとは、クリヤーブルーのことです。

キャンディーブルーを3層ぐらいかけるとこうなります。

おぉ~ 結構キレイ! 

これで終わればいいものを・・・

素人なんで、色々と欲が出てしまいます。

↓ここにこんな柄を付けたいなぁ~。

DIYなので何でもやってみる!

かなり適当にしてますが、ここから型紙を作って、それをベースにマスキング。このマスキングが曲面なので結構難しい。

マスキングができたら、まずは、シルバーで塗ります。

今度はそのシルバーに塗ったところをマスキングして、黒色で影を付けています。もちろん初めてです。エアーブラシって難しいけど楽しい!

↓文字と影をエアーブラシを使って・・・ 完成かっ!

素人にしては十分な出来栄えと思いつつも、DIYなのでもうちょっとチャレンジしてみよう。

もう一度、マスキングをやりなおし、エアーブラシで影を入れてみました。

何か凄いのできちゃった!

これで一気にカッコ良くなりました。

マスキングを取ったところです。

これからエッジを削ってクリアーをかけたら完成です。

そしてこれが完成したものです。↓動画でどうぞ。

初めての塗装だったので途中いろいろと失敗もしましたが、素人でもここまでできちゃうんだ!って感じです。

ここで、問題があります。

この柄を入れた塗料は実を言うと「プラカラー」です。そう、ガンプラとかを塗るやつ!(笑)あ~ぁ。やっちゃったからにはしょうがない。剥げたらまた塗ればいいや!

てな感じの素人カスタム塗装でした!(笑)

ビラーゴ1100レストア中!

最近は、夜な夜なレストアに励んでいます。

前にお見せしたエンジン回りが腐食した部分も塗装をすれば

キレイになりました。

それからホイールもシルバーに塗りました。

ほら、この通り。

ホイルを塗るついでにブレーキキャリパーとフロントフォークも塗っちゃいました。

結構キレイに見えます。

それから問題のこれ↓

適当に黒く塗ってから、カッティングしたシールを一つ一つ貼っていき、最後にクリアーをかけます。ちなみに、ここだけで3回やり直ししました。やはり素人(笑)

それと、よく分からんゲームのコントローラーみたいなやつもシルバーを塗ってその上にクリアーをかけて仕上げました。

こんな感じで、いろいろ失敗を重ねて勉強してます(笑)

次はタンクの塗装が仕上がったら、またアップします。

ビラーゴ1100買いました!

思えば、少年時代にビラーゴ1000のプラモデルを作って、大人になったら「このバイクに乗るぞ!」と決めていました。

昨年中型バイクに免許を所得し、念願のビラーゴを買いましたが、それは250ccでした。それでも買った時は満足でしたが、人間欲が出るもので、やはり少年時代に願った「大型のビラーゴに乗りたい」と思いはじめ、思ったら即実行の性格がわずらい(笑)今年の春から免許センターに通い、なんとか大型免許を取ることできました。

がっ・・・

いざ、買うぞ!っと思ったらビラーゴがありません。大型のビラーゴは、ほとんど売っていないのです。

あっても、程度が悪い。何せ、30年近く前の車両です。まともな車体が見つかる訳がありません。う~ん、仕方ない!こうなったら、程度が悪くてもいいから、理想に近い車両を見つけて、自分で直そう!

これが、苦労の始まりでした。

ネットを毎日検索して、やっと見つけた車両がこちらです。↓

ボロボロ。

届いたときは、もちろん組まれていて、走れる状態でしたが、届いた瞬間から、バラしてしまったため、その時の写真がありません。この車両は1993年式の逆輸入車らしく、メーターも、日本仕様におそらく変わっており、実走距離もわからず、程度もあまりよくありません。タンクやマフラーにも大きなキズがあり、「こりゃ~直らんわ」って感じです。

でも、もう買っちゃったから仕方ない。

自分でレストアしてやる=!

う~ん。何がなんだか?

てな感じで、見ての通りです(泣)

磨けるところは磨く!磨いてもダメなところは塗り直し!

と、気合を入れる。

とは言っても私はど素人です。簡単にできるはずがありません。

色々と調べ、さあチャレンジ!

剥離剤を塗るとこうなるんですね。

もちろん初めてです。すげぇ~。

エンジンまわりも、腐食してるので塗ってみる。

熱くなるので、すぐ剥がれそうですが・・・

このホイル、元々は金色みたいですが今はよくわからん色。

金色に塗りなおしてもいいけど、成り金みたいになりそうなので、シルバーに塗ってみよう。

てな感じで、試行錯誤を繰り返し、夜な夜なゴソゴソとやっています(笑)

レストアを始めてすでに一ヶ月、 最初のころは楽しかったんだけど、もう何かすること多すぎて嫌になってきた。

この後どうなるか分かりませんが、完成したらアップしますので、素人のレストアを見てやって下さい。

では。